治療法

シミの原因を知るシミ取り皮膚科で行われる治療の一つに「液体窒素治療」という
方法があります。これはマイナス200度の超低温をシミにあてて、
凍結させる治療法です。

シミの部分を凍傷にさせて瘡蓋にさせます。
浮き上がった瘡蓋が剥がれ、新しい皮膚にする治療です。
瘡蓋が取れた後、すぐに綺麗な皮膚が出るのではなく、
一時的(約3ヶ月から半年程度を見てください)に
シミが濃くなります。

一瞬のうちに

これは炎症性色素沈着と呼ばれており、液体窒素治療を
受けた後に必ず起きる現象です。
正常な状態ですので、気長に美白ケアを行ってください。

シミ取り皮膚科ではハイドロキノン等の美白専用の薬が
処方されますが、もしも処方されていない場合は
市販されている美白ケア用品でも代用可能です。

また、シミの状態を改善するためにも、紫外線対策とケアは
必ず行いましょう。
紫外線は時期によって強弱はあれど、一年中出ている物です。

使用可能

美白ケアと紫外線対策を続けると状態は良くなっていきますので
諦めずにお手入れを続けてください。

料金  クリニック  液体窒素  クリーム  処方